COLUMN

2018-06-15 19:20:00

最近、陶器を購入する機会が増えました。
年齢でしょうか?

個人的には「実用性のある芸術品」って感じ。
実際食卓でも使えるし、棚に並んでるだけでもインテリアですよね。
モノによっては経年変化まで望めたり、作家の各々の作風や思想を楽しんだり。
それがアリになるモノしか買わないようにしています。
最近はあらゆるモノに対してそういった芸術品としての見方に傾いてる気がします。

他にもジャン・プルーヴェやピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンあたりのインテリアとか、今すごく興味があります。
陶器だったら、分かりやすい所で言うと、ルーシー・リーとか。
一線超えたところにいる人が人生を賭けて生み出したモノって、やはりアート的な面があるなぁと思います。

芸術品って表に見えない部分にPAYする+αの部分がありますよね。
作品を作った人のマインドだったりセンスだったり、人生そのものに惹かれたり。
そこを今すごく重要視しています。

クラシックな世界でいうとナポリの丸縫い(全て手縫い)で仕上げられたジャケットや、一足一足、木型からたった一人のために作られるビスポークシューズとか、割と同じポジションで見れるんです。まさに実用性のある芸術品という感じ。
もしその人が死んでしまったらコレ手に入らないんだなって思うモノというか。
そういったモノ同士って、ジャンルの垣根を超えて自然と調和する気がするんです。
ただ合うという感じではなくて、組み合わさった時に化学変化的な、高次元なセンスが生まれるというか。
こないだCLOTHINGの方で紹介したK18ゴールドリングなんかもそう。チェッキデロッシのバッグとかも。
多分どっちもジャンル的にDeSotoのメンズらしくないなって思った人いると思います。
だけど、ベタベタに当たり前な組み合わせも悪くはないけど、そこにはもう自分を高めてくれる新たな発見や刺激はありませんよね。
なんかそんな感じ。

ファッション=ウェア。だけじゃなくて、他分野からファッションに影響してくる感覚やセンスみたいなモノもあるのだと思います。

それでは、今日はこの辺で。