COLUMN

2019-05-02 15:19:00
MAT.jpg


新元号「令和」へと成り、この新時代という響きに心が弾む。
当たり前に外吹く風すら何故だか新鮮に思えるような、そんな特別な時間の移り変わりを肌で感じた此の頃。

 

 


ある陶芸作品を来月あたりに紹介します。
これにはただ「陶器の販売をスタートします」という事以上の思い入れがあります。

雑然とした価値観が渦巻くこのファッションという世界において、
また価値基準が刹那に変化していく時代の中で、
より意義ある価値観の提案が必要だと思うのです。
圧倒的な情報量と技術的な進化がもたらした現代の怠惰なファッション・アパレル業界では、
モノとしての「物質的」な価値が不明瞭になる要素に溢れています。
いうなれば物質的には類似品や精密なレプリカがいくらでも作れてしまうというような事。

そういった今日び、何に価値を見出してモノを選択していくのか。という事を改めて考えたいのです。

陶器や絵画のような芸術的要素を持つモノの、表現の中に隠れている美。
物体が完成するまでのプロセス、つまり「デザイン」という思考自体の中に在る美を見出すという作業。
そこには内面に働きかけてくる美、心を豊かにしてくれる何かが確かに存在するのです。
今回の陶芸作品を、そうした事を考える一要因にしたい。


この陶芸家は、オーストリア出身。
細菌学者の両親のもと、ウィーンに生まれ、ニューヨークのパーソンズにて陶芸の基礎を学んだ後、
日本に渡り陶芸家2人に師事。その後、中国・中東の陶磁器にも触れ、
現在はオーストラリアに築窯し、作陶している。
理論の面であのバウハウスに影響を受けていたり
様々なジャンルからのインスピレーションと修行を重ねて生み出している彼の作品群には、
他に無い独創的な造形美とデザイン・内面への表現が在る。
表面的な作品のテイストは違えど、あのルーシーリーとどこか重なる部分が垣間見えたりもするのです。

「デザイン」や「思想」を深掘りして、様々な事がリンクしていく過程や
理論が自分の中で腑に落ちる瞬間に頷いたり。
そういった、より深いところでの楽しみ方ができたら良いなと思います。
洋服やバッグ、靴、ジュエリー、フレグランスなど
ファッションという大きな括りの中での、同じ延長線上で陶器も手にしてほしいと考えているのです。
裏を返せば、芸術的目線で洋服や靴も同じように見れると価値基準の幅が広がるなぁと。

あらゆるジャンルの壁を取り払い、一つの審美眼と一つの土俵の上であらゆるモノを見る事で
さらなる感性が高まるような、新しいセンスやファッションが生まれる気がします。

疑問と追及。
新時代、楽しんでいきましょう。

 


作品紹介は、来月あたりにCLOTHINGのほうで。
お楽しみに。

 

1