COLUMN

2019-02-03 19:28:00

先日、NHKの「SWITCH インタビュー達人達」の番組で
ほぼ日手帳の糸井重里さんと芦田愛菜ちゃんの対談の回が放送されていましたね。
70歳の糸井さんと14歳の芦田愛菜ちゃん、年の差56歳という普通では成り立たないような年齢差対談。
これ、かなり面白かった。

言葉の持つ力というか言葉の重要性というか、そういうモノを凄く感じました。
対談相手が芦田愛菜ちゃんということもあってでしょうね、凄くシンプルにそれを感じました。
糸井さんの実績とか凄さは皆さん理解していると思いますが、自分はこの人の存在は知っていたけど何も知らなかったんですよね。。。
衝撃でした。
本当に言葉のプロだなぁって。

職業は「言葉」ですって言えちゃいそうなくらい。


番組を見終わってふと思いました。
現代は作詞・作曲・歌を全部アーティスト本人がやっている事が多く感じるんだけど、
ちょっと昔は作詞家がいて、作曲家がいて、アーティストが歌う。っていうパターンがもっと多かったように思うんですよね。
歌う本人が全部やったほうが伝えたい想いもストーリーもスムーズに伝わるだろうし、若い人にしか表現できないワードセンスなんかもあると思う。
ただ、人生経験豊富で言葉を仕事にしているプロが紡いだ言葉を聞いているとなんだか沁みますよね。
プロの作詞者、プロの作曲家、プロのシンガー、そこから生まれる一つの作品、まさに名曲が現代にもっと生まれると良いね。なんて思ったりしました。

真に伝えたいことをシンプルに伝えたり、逆にどういう感情で放たれた言葉なのかを考えたり、
普段何気なく話したり書いたりしている言葉をもう少しだけ大切に扱おうかなと思ったのでした。
言葉を思う儘に操れるようになりたいですね。


1