COLUMN

2018-07-10 17:31:00

ナポリのサルトにDeSoto Modelとして製作してもらった手縫いジャケット、
今回は既に完売してます。
また作りますから買い逃した方は是非、次の機会に。

今日はナポリジャケットについて少し。
もともとはスミズーラといって英国で言う所のビスポーク、客と話しながら体を採寸し、そのたった一人のために好みの1着を仕上げる事を信仰としています。
今季DeSto Modelの製作を依頼したサルトも同様。
物心ついたころから針を手に、生き抜く術として技術を身に付けた生粋の職人たちが一針一針時間をかけて仕立てたモノ。

彼らが仕立てた服には手縫いがゆえの不完全さがあるんですよね。
マシンを用いて生産効率を高めた廉価版ナポリジャケットでは出せない味があるというか。
その不完全さは欠点ではなくって、あくまで長所としての魅力を持ってる。
1着1着同じモノは仕上がらないし、
職人の上機嫌も不機嫌も全て含めて、
一人の人間の人生の50時間〜60時間を背負ってる訳です。
そういう服からは何か得るものがあるでしょう?
大量生産された袋詰めの服は何も語らないけど、
サルトリアの洋服には心がある。
職人がエネルギーを込めるからそれが服に宿るといいますか。
そこまで全部トータルして、「ナポリジャケット」でしょ。
むしろそこが本質というか。
だからお願いするサルトは別に有名だろうが無名だろうが関係ないのよ。技術と心さえあれば。
ネームバリューはいりません。

DeSoto Modelのジャケットはお客様からすると既製服になりますが、
自分の立場から言わせてもらうと、
DeSotoの好みでDeSotoのためだけに全て手縫いで作られた紛れも無い本物のスミズーラジャケットです。
また良い生地探して作ってもらいますのでお楽しみに。

 


これもまた「高級」な世界ですね。



1